インプラントで、当たり前の幸せをかみしめて

インプラント

インプラントについて

インプラントについて

「第2の永久歯」と呼ばれるインプラントをご存知ですか?外見だけでなく、食事や会話が天然歯とほとんど変わらない感覚でできる人工歯です。

インプラントは、虫歯や事故などによって失った歯の代わりとして使用されます。保険外の診療なので治療費が高額になりますが、決して高いだけの治療ではありません。

部分入れ歯やブリッジのように、健康な歯を傷つけることもなく、毎日の特別なケアも不要。なにより、食事や会話の違和感が得られます。

健康で、普通に美味しくものが食べられ、楽しく会話して暮らせる――。インプラントは、そんな当たり前の幸せを再び可能にしてくれる、理想の人工歯なのです。

当院採用のAQBインプラント

AQBインプラント

当院では、チタンにHA(ハイドロキシアパタイト)がコーティングされた人工歯根を用いたAQB(Advanced Quick Bonding)インプラントシステムを採用しています。

HAは骨との密着性が高く、チタンだけのインプラントと比べ、顎の骨との結合までの期間が飛躍的に短縮されるのが特徴です。さらに、HAの結晶度の高い再結晶化HAコーティングによって、溶解やはく離などの問題も解決されています。

また、歯ぐきにあたる部分に「歯肉接着生体高親和性処理」を施すことにより、歯ぐきとの親和性を高め、感染の危険性も最小限に抑えています。

顎の骨と歯ぐきにしっかりと接合し、また審美性にも優れているAQBインプラントシステム。画期的かつ理想的な治療方法といえます。

手術回数が1回ですみます

手術回数が1回ですみます

かつてのインプラント治療では、顎の骨にインプラントを結合させるのに日数を要したため、治癒期間中食べる際に負担がかからないよう、2ピースのものが多く使われてきました。しかし現在では、AQBインプラントシステムにより、結合時間が飛躍的に短縮された、1ピースのものが主流になってきています。

2ピースのインプラントには手術が2回必要でしたが、1ピースのものは1回ですみ、体への負担を軽くしています。手術が簡単で失敗も少なく、また手術時間だけでなく、人工歯を装着するまでの期間も短縮されています。全体の治療期間の短縮から費用も抑えられるというメリットも加わった、非常に効率のよい方法なのです。

インプラント治療の流れ

1.診療と治療計画
まずは検査を行います。インプラント治療が可能かどうかの診断をします。その後、治療計画を立てます。

2.フィクスチャー埋入の手術
手術により、インプラントで歯根の部分(フィクスチャー)を顎の骨に埋入します。手術には局所麻酔をしますので、安心して受けていただけます。

3.治癒期間
骨とインプラントがしっかりと結合されるまで、治癒期間を設けます(1ヶ月半~2ヶ月)。
※治癒期間は、骨質などによって個人差があります。
※この間、必要に応じて仮歯を入れることもできます。

4.診査と次の治療計画
インプラントで、人工歯の支台となる接続部(アバットメント)を、フィクスチャーに連結します。

5.人工歯の装着
インプラントを含めた口腔内全体の型採りを行います。その型に合わせた人工歯を作製します。

できあがった人工歯を、アバットメントの上に装着して完了です。

6.メンテナンス
インプラントを長持ちさせるには、適切なホームケアと定期検診が欠かせません。医師の指示に従って、正しいブラッシングを行ってください。

また定期検診については、半年に一度を目安に、インプラントの状態を診てもらいましょう。

東京都江戸川区|診療予約|ビューネタワー平井歯科室